空飛び猫の戯れ言

空飛び猫の、ありのままの日記です。

ほうれん草のシフォンケーキを焼きました。

お隣のおばちゃん、幼なじみのお母さんにほうれん草を頂いたので、普段は作らない野菜のシフォンケーキにチャレンジしてみました。

細かいプロセス付きで紹介します。

レシピは、ごめんなさい、本を買ってみてください。

 

 

まずは主役のほうれん草。

f:id:soraneko07:20210220070915j:image

とっても新鮮でおいしそう。
f:id:soraneko07:20210220070910j:image

茹でて、ざく切りにします。
f:id:soraneko07:20210220070904j:image

フードプロセッサーでピューレに。

思ったより長く(本には1〜2分とありましたが、それより長めに)回しました。
f:id:soraneko07:20210220070907j:image

卵黄に砂糖の1/3を加えて、少し白っぽくなるまで混ぜます。

f:id:soraneko07:20210220070918j:image

サラダ油を加えて混ぜます。
f:id:soraneko07:20210220070921j:image

ほうれん草のピューレを加えて混ぜます。

f:id:soraneko07:20210220070947j:image

薄力粉をふるい入れて混ぜます。

本では2度ふるうことになっていますが、私は1度しかふるいません。大変なので…。f:id:soraneko07:20210220070956j:image

アーモンドパウダーを加えて混ぜます。

これが最大のポイント?

焼いている時いい香りがしました。

卵黄生地がこれで仕上がりです。

固めに感じましたが、とりあえずレシピ通り強行。
f:id:soraneko07:20210220070944j:image

卵白に砂糖を加えながら泡立て、メレンゲを作ります。
f:id:soraneko07:20210220070937j:image

メレンゲが出来たところ。

先程の卵黄生地に3回に分けて加えます。
f:id:soraneko07:20210220070952j:image

メレンゲをひとすくい加えて泡立て器で混ぜたところ。
f:id:soraneko07:20210220070940j:image

残りのメレンゲの1/2量を加え、ゴムべらでさっくり混ぜたところ。

f:id:soraneko07:20210220071017j:image

メレンゲをすべて加え、さっくり混ぜます。
f:id:soraneko07:20210220071027j:image

型に流し入れます。

型の7分目くらいまであれば成功の目安。
f:id:soraneko07:20210220071037j:image

180℃のオーブンで40分焼きます。
f:id:soraneko07:20210220071020j:image

取り出したらすぐ、ビンの上に逆さにして冷まします。
f:id:soraneko07:20210220071033j:image

翌朝、冷めたところ。

高さが低い?

手外しで外して行きます。

手外しとは→シフォンを押すようにして、型から生地を離れさせ外す方法。

f:id:soraneko07:20210220071023j:image

出来上がり!

高さも出ました。
f:id:soraneko07:20210220071030j:image

きれいに型から外れた方だと思います。

ただ大穴が涙。

f:id:soraneko07:20210220073827j:image

一切れ切ってみた。

穴もないし、かなりしっとりしていていい感じ!

f:id:soraneko07:20210220073959j:image

おすそ分け用にカットしてラッピングしたもの。

高さが低めな以外は、わりとよく出来たんじゃないかな?

味はいい意味でほうれん草の臭みがなくて、香ばしくてしっとりしていて、とてもおいしかったです。

幼なじみが気に入ってくれたそう。

 

余談

お隣のちびちゃんの話ですが、まっくろくろすけクッキー、かわいそうで食べられないそうです。昨日もおばちゃん、ばあばの家でトトロを見たとか。

かわいすぎる…。